情報豊富な「外為どっとコム」 オンライン口座開設

2007年12月19日

ちゃぶつきって?ざわざわ感を指標に

さて、たまには研究内容を書きます。
パンローリングの本を読んでいると「ちゃぶつき」という表現が
随所にでてきます。ちゃぶついた相場とは、方向性がない相場で
あったり変動がすくない相場です。

どのタイミングでシステムトレードのシグナルを点灯させることが
理想の取引なのかを考えると低いボラリティから高いボラリティに
移るタイミングが理想です。

直感によるトレードにおいてもこの「ざわざわした感じ」を感じ取る
ことが重要となります。

ざわざわ感を指標にできるのかどうか。
ここがrealfxの一番のテーマです。

realfxではボラリティの変動・出来高指標といったものを
組み合わせて独自のテクニカル指標を作っています。

ロビンスカップの魔術師たち



新マーケットの魔術師


FXメタトレーダー入門



posted by やまかがし at 14:00| Comment(1) | TrackBack(1) | FX投資戦略 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
情報豊富な「外為どっとコム」 オンライン口座開設

携帯アクセス解析